ホーム > 宮崎不動産ブログ

まえだうどん|宮崎市小松のうどん屋さん

2014年3月訪問(2014年3月更新)

最近こってりしたものが受け付けられなくなった、けんたろうです。皆さんいかがお過ごしですか。宮崎の冬といえば晴天続きで、西風ビュンビュンという感じなのに、1月からずっと雨が定期的に降ってますね・・・世界各地で観測史上初とか多すぎです。

そんな3月某日昼時に、「まえだうどん」に初めて伺いました。場所は戦場坂から旧道高岡方面へいったらすぐのところ右側です。前は、くまそうどんがあったのかな。

駐車場結構広めだけども、なんとか駐車できました。店内広々で満車でも満席にはならなさそうです。もっと駐車場あったら最高でしょうけど・・・ないものねだりしてもしょうがないか・・・

食べログで「ひやしうどん」が気になっていたのですが、冬はやっていないようでしたw 当たり前だのクラッカーですね・・・まえだだけに・・・

注文システムは「おくのうどん」「豊吉うどん」「なごみうどん」のようなセルフになっていました。どこに向かえばよいか一瞬迷って、「お会計」の方へ。入り口から遠いほうのハイカウンターと若干動線が・・・それ以上に、自分がひさびさのセルフで勘がにぶってました(汗)

まえだうどん
[写真1]ちょい昔はすぐ「ごぼ天」か「野菜天」あたりいっていたのですが、揚げ物を受け付けれなかったので、肉うどん(440円)注文。デフォルトのメニュー板には書いていないメニューで「肉うどん、そば」と「山かけ、そば」がありました。

出汁はいりこ系なんでしょうか。おくのうどんや和うどんより気持ち塩分控えめな気がしました。

まえだうどん
[写真2]麺柔らかめですが、コシがあるのが好きだから、ひやしうどんが気になっていたんですが、いりこ出汁には柔らかいうどんのほうが良いくらいの体になってきました。

まえだうどん
[写真3]お肉の味付けは甘めに煮付けたようなクラシックな味で大好きな味です。お肉から出た甘い汁とうどんの出汁がまざった味も美味しかったです。割り箸で肉とうどんを一緒に挟んで食べていって、最後までお肉が残るくらいそこそこ入ってます。

これに生卵をトッピングしてもこれまた美味しいでしょうね。ん、肉うどん(440円)+たまご(70円)+たぬき(40円)=550円で、百姓うどんの「特製肉うどん(550円)」とまんま一緒の価格になりますね。どうでもいいですが・・・

まえだうどん
[写真4]宮崎のうどん屋さんって、おじいちゃんやおばあちゃんでも必ず「おにぎり」か「いなり」つけてますよね。あの食欲にはいつもびっくりしますが、あのいりこ出汁に米がすごくマッチしますよね。少食なので普段、米は90%以上米はつけないのですが、いなり(70円)を注文しちゃいましたw いやー 腹八分目を超えてしまいましたが、スープにぴったりでしたww ちなみに、沢庵は自分で入れます。7切れちかくはいってますね・・・がめつさがでてしまいました><;

まえだうどん
[写真5]お店入口。

まえだうどん
[写真6]卓上。そういえば、レンゲがハイカウンターに置いてあったので、器からすすりたくない人にはいいかも。

まぁ、ひさびさの宮崎セルフ系うどんで、大満足でした。次は「山かけそば」をいってみたいですね。

メニュー備忘録:並(190円)、たぬき、玉子、天ぷら、きつね、わかめ、おぼろ、ごぼう天、野菜天、えび天、天玉か、玉か。

まえだうどん
昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:うどん | 宮崎神宮



黒木食堂|宮崎市瓜生野のラーメン屋さん

2014年2月訪問(2014年2月更新)

けんたろうです。2014年初の宮崎のお店のアップです。十数年前Uターンしてくるときにネットかなにかでラーメンマンとかチェックしていた時に黒木食堂もチェックしていたような気がします。だいぶん昔から営業されているんでしょうかね?

日祝お休みということでまったく行く機会がありませんでしたが、ようやく巡ってきました。

場所は宮崎市中心地から国富綾方面に向かう途中です。スーパーのウィーリーとか過ぎたらすぐかな。暖簾はありましたが、突き出し看板とかないのでなかなか目立たない佇まいです。たなか内科の隣かな(?)

黒木食堂
[写真1]とんかつラーメン(700円)。いつも初めてのラーメン屋さんではなるべくノーマルの「ラーメン」を注文するのですが、次来るのがいつになるのかわからないので面白そうな、とんかつラーメンを注文。

黒木食堂
[写真2]宮崎ラーメンちゅう感じの中太の麺にマイルドで外食にしては薄めの塩分のスープ。

黒木食堂
[写真3]とんかつのお肉の旨味がよかったです。ラーメンのスープにいくらつかっていてもお肉と衣が離れ離れにならなかったのがかなり不思議でした。おもしろく頂いたけど、やはりチャーシュー麺の方がよかったかもw

黒木食堂
[写真4]とんかつの下にキャベツがほんのり引いてありました。結構こってますねw 話は変わりますが、カレーもメニューにあります。しかし、カツカレーはなし。ということで、カレーととんかつカレーを注文して、カレーにとんかつ載せるってのもありですね。てか、お店の人は優しそうな方だったので、カツカレーにしてといえばしてくれそうな感じですね。

黒木食堂
[写真5]見えるのは、宮崎らしい「たくわん」、「にんにく醤油」。そして、ラーメン屋ではほとんど見ない「ソース」が見えます!!ということで、とんかつにソースをかけてみました。美味しいとんかつでした。食欲ある方は、ごはんつけたら進みますね!

黒木食堂
[写真6]店内はカウンターにテーブルに座敷とで20席以上ありそうです。店内には漫画がそこそこあり。闇金ウシジマ君をほんのり見てました。

なかなか平日の昼にこのあたりを通ることはないでしょうが、次はチャーシューラーメンかカレーを頂きたいと思います♪

黒木食堂
昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 宮崎



スターズカフェチャンバラ|京都の東映太秦映画村内のレストラン

2013年12月(2014年1月更新)

おはようございます、けんたろうです。昨年末、京都の神社仏閣巡りに飽きた娘を連れて「東映太秦映画村」へ。私は初めてでした。年末ということもあり、ご飯を食いっぱくれたらいけないと早めこのお店に入りましたが、このお店の客席数はものすごく多く(たぶん団体受け入れレストランかな?)、他にもいろいろあるので、ココじゃないといけない理由は何もないはずw

場所は映画村の入口のすぐ近くです。

スターズカフェチャンバラ
[写真1]九条ネギのラーメンとチャーハン(1080円)。脱ラーメンを掲げ中ですが、2013年最後の外食はラーメンで〆たようです・・・海苔の「誠」は新選組の旗や羽織の紋ですね!太秦でさぞ何本もの新選組が撮影されたことでしょうね。

スターズカフェチャンバラ
[写真2]ラーメンの具は「九条ねぎ」に「チャーシュー」に何湯葉というのかわかりませんが、湯葉っぽいです。乾燥した湯葉がスープで柔らかくなった感じですね。期待せずに頂いたら、思ったよりラーメンに合って良かったです。スープは醤油ラーメンでしょうか。

スターズカフェチャンバラ
[写真3]相変わらず昼から飲んでます。生ビール630円。アサヒスーパードライのようです。

スターズカフェチャンバラ
[写真4]娘はやわらか牛肉のカルビ丼(1100円)。お子様カレーとかチャンバラジュニアとか飽きてきたようで、注文しなくなりました・・・あとオモチャがどれもいまいちだからもあるようですが・・・

スターズカフェチャンバラ
[写真5]店内テーブルのみ。広々。

スターズカフェチャンバラ
[写真6]映画村内の様子。当日は仮面ライダー鎧武やその他ウルトラマン勢揃いということで楽しみに行きました。ラーメンネタでいうと、らーめん 喜らくと映画村内の他のお店で、水戸藩ラーメンというのが名物のようです。以下、コピペ、『水戸光圀が食した日本で最初とされるラーメンのレシピを、当時の文献を基に忠実に再現しました。』

スターズカフェチャンバラ
昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:レストラン(その他) | 太秦広隆寺駅常盤駅蚕ノ社駅



松葉|京都のにしんそば発祥のお店

2013年12月訪問(2014年1月更新)

けんたろうです。京都のグルメで押さえとかなければいけないのかなぁ なんて思って訪問。別にどこのお店でもよかったんだけど、どうも発祥のお店だったようです!まぁ、B級グルメの類かもしれません・・・

徒歩で「金閣寺」から「わら天神」そして「北野天満宮」へお参りして、さくっとスマホで検索して、さくっとタクシーで向かいました。前日行った、「いづもや」のすぐ近くで、歌舞伎座みたいな外観の南座のすぐ隣の角でかなりの好立地です。

またこの場所は「八坂神社」の参道にあたるような場所で、ここから徒歩で八坂神社までお店ながらお参りに向かうのに丁度よかったです。子供はどうかわからんけど・・・

ちょうど正午くらいでしたが、少々並んでいる程度で10分も待ったらいただけたかな、帰るときはちょっと結構な行列。ほとんど観光客でしょうね・・・

松葉
[写真1]もちろん にしんそば(1200円)。まぁ個人前評判はもうちょっとだったので、期待せずに頂きました。魚臭い情報もあったけど、ぜんぜん臭いとは思わなかったです。

松葉
[写真2]にしんがどう料理してあるか全然予習せずに頂きましたが、甘露煮のような(?)にしんががばっと入っていました。ちょっと甘目かな。もうちょっと甘くないほうが個人的にはいいかな。

松葉
[写真3]中盤戦から「ネギ」と「七味」のような香辛料もどばっと入れていただきました。京都にはいっぱい七味みたいな香辛料が売ってありますね。ゆっくりみれたら買いたかったな・・・

松葉
[写真4]休日感を増幅させるために、アサヒスーパードライの生ビールを頂きました。にしんがツマミになりますな。

松葉
[写真5]娘は、「天せいろ」(1500円)。蕎麦湯というんでしたっけ?そば茹でた白濁のもの。お願いしなくても、テーブルに届いてました。

松葉
[写真6]年越しそばを求めるお客さん。

松葉
[写真7]外観。

松葉
[写真8]2階からの鴨川方面の景色。すぐ駅が見え、奥に鴨川沿いのお店がほんのり見えますね。右端に見えるところに、やはり歴史があるような洋館が建っていてレストランのようでした。今ぐぐったら「菊水」という老舗の洋食屋さんのようです。

そばにお金払うというより、アトラクションにお金を払うといった感じでしょうか。いつか、春か秋に京都に伺いたいので、次訪問することがあれば次の注文したいと思います。

【次注文したいメニュー】ゆりねうどん、冷しにしんおろしそば、黄金ささめ、ちどりそば、ぎおんそば、しっぽくそば、辛味おろしそば、いもかけそば などなど聞き慣れないメニューが目白押しです。ちなみにカレーうどんもありましたよ♪

総本家にしんそば松葉
昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 祇園四条駅河原町駅三条駅



<< | 2/68PAGES | >>

ブログ内を検索

ブログ内カテゴリ

最近の記事

広告

月毎アーカイブ

オススメ商品

リンク集

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

その他

合計 今日 昨日 食べログ グルメブログランキング

QRコード

qrcode

共栄産業の場所